販売中商品ピックアップ! – Bhundu Boys / Pamberi !

Bhundu Boys / Pamberi ! Bhundu Boys / Pamberi !
Bhundu Boys / Pamberi !
¥250(中古CD。送料(Amazon.co.jp)は+ ¥340です。/在庫数1枚) *CDのプラ・ケースは古いもの(キズのあるもの)を使用してますが、汚れのひどいものはクリーニング、割れていたものは交換して発送しております。
Amazonマーケットプレイスへ出品中です!

WEA/WMC5-63/国内盤(MADE IN JAPAN)/(盤質:CD盤再生面にキズかなり多い。盤研磨時の細いキズ多い。/帯無し。ジャケット背表紙両側に退色あり。ブックレットの日本語解説書ページにシミあり。ブックレットのホチキス針にサビあり。)

Release: 1990?
Original Release: 1989.

“Chitaunhike”
“Bye Bye Stembi”
“Kutambura”
“Chitima Kwe”
“Chimbira”
“Viva Chinhoyi”
“Tendai Mwari”
“Ndipeiwo Zano”
“Hupenyu”
“Magumede”
“Nyarara”
“Hondo Haiperi”
全12曲。

Produced by Philip Roberts & The Bhundu Boys.

Rec.: Frontline Studio, Harare, Zimbabwe.

The Bhundu Boys: Rise Kagona(g,vo), Biggie Tembo(g,vo,per), Shakie Kangwena(key,vo), Kenny Chitsvatsva(ds,ngoma,per,vo).

Liner Notes: Andy Kershaw.
日本語解説: 中村とうよう。

アルバム邦題: ブンドゥー・ボーイズ「パンベーリ!」

収録曲邦題:
「チタウニケ」
「バイ・バイ・ステンビ」
「クタンブーラ」
「チティマクウェ」
「チンビーラ(親指ピアノ)」
「ビバ・チノーイ」
「テンダイムワリ」
「ンディペイウォザノ」
「フペーニュ」
「マグメーデ」
「ニャラーラ」
「ホンドハイペリ」

ジンバブエのバンドBhundu Boys、1980年代にUKで人気があり、1987年に行われたマドンナ(Madonna)のWembley Stadium公演に出演している。

本アルバムは、1989年(日本での発売はhttp://www.discogs.comによると1990年の様である)発表アルバムで、プロデューサーはPhilip Roberts & The Bhundu Boysである。

レコーディングはジンバブエのHarareにあるFrontline Studioで行われ、ミックスはロンドンで行われている。

アルバム全体的にアフリカン・ミュージック特有のギター奏法とメンバーのコーラスが印象に残る。そのサウンドが心理的な部分を癒してくれるような感じがした。

ジャケットはブックレット・タイプで、中村とうよう氏による解説、プロデューサー等のデータ関係が掲載されている。ブックレット裏表紙には、曲ごとの解説が英語で掲載されている。

裏ジャケットにUKの著名なブロードキャスター、Andy Kershaw氏による解説(英文)が掲載されている。

Andy Kershaw氏の自伝とゆかりの作品

Bhundu Boys関連作品

参考サイト
http://en.wikipedia.org/wiki/Bhundu_Boys
http://www.discogs.com/Bhundu-Boys-The-Pamberi/release/1139453
http://www.discogs.com/artist/Bhundu+Boys
http://www.guardian.co.uk/music/2006/sep/17/worldmusic
http://www.embargo.ca/zim/artists/bios/bboys/
http://www.songkick.com/concerts/684188-madonna-at-wembley-stadium
http://en.wikipedia.org/wiki/Andy_Kershaw